ウィズコロナ時代の着物イベントとは@大宮 カフェ セレンディピティ


「ウィズコロナ時代、着物イベント開催について考える」

「コロナに負けない着物イベント作り」

どちらのタイトルがいいかな?


緊急事態宣言前、約4か月ぶりに、

着物仲間のみなさんとお会いしました♡


私たちはボランティアで着物イベントを開催してるので、

ウィズコロナ時代、どうやってイベントを開催しよう?というミーティングを開きました。


なんて、かたいハナシもありましたが、

単純に

ひさしぶりに会えて、本当に嬉しかったし楽しかった。。

時間があっとゆうま。


オンラインでのコミュニケーションもいいけど、やっぱりリアルには勝てないね。


私は、ひとりの時間もすごく大好きだし大切だけど、

仲間とすごす時間も楽しいし、重要だなぁなんて。

(オトナになった)


このコロナはいつまで続くか誰にもわかりませんが、

とりあえずしばらくのあいだ、イベントを開催するさいは、

3人くらいのグループになって別行動しようという話になりました。


もうすぐ東京国立博物館「きもの展」もはじまるしね!


大宮駅から徒歩3分。カフェ&ビストロ「セレンディピティ」でミーティング①を開催。

セレンディピティ、、偶然の幸運、予想外の幸運に出会う、、という意味。

スピリチュアル風な店名が気に入りました。(ビジネス用語でも使われるみたいですね☆)

今度はランチへいってみよう♡



半襟を付けて、着物風浴衣に、、しっとりとした着物が似合ういい女になりたいです!

namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化を愛しています。さいたま市在住。ゆるっと気ままに発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000