遺稿が素敵だった、国登録有形文化財・二木屋 小林玖仁男さん別れ会


北浦和にある本格日本料理の店“二木屋”のご主人、小林玖仁男さんのお別れ会へ。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。


タウン誌の座談会で、私も撮影させていただきました。


小林さんの遺稿が素敵だったので。

勝手ながら抜粋させていただきます。 


「人生はおもしろい所でした。」  

「あんまり大したことのない状況の中でも「何とかする!」。

そういうのがうまかったし、楽しかったです。」 

「もうちょっと真面目にやれば、もうちょっと成功したかもしれません。」 

「先に逝きます。今の気持ちは「来世にかける青春」です。小林玖仁男、次へ!」


生きている人間が、励まされるような、あかるい言葉をたくさん残しています。


小林さんは、2016年、早ければ余命2年半と宣告されてからの苦悩が綴られた『あの世へ逝く力』と題した書籍を出版しました。


詳細はこちらへどうぞ ↓



国登録有形文化財 二木屋 http://nikiya.co.jp/foods.html


namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化を愛しています。さいたま市在住。ゆるっと気ままに発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000