浦沢直樹の名作漫画「モンスター」を彷彿「クリスチャン・ボルタンスキー ―Lifetime」@国立新美術館


国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ―Lifetime」

行ってきました!


現代のフランスを代表する作家、クリスチャン・ボルタンスキーの活動の全貌を紹介する、日本では過去最大規模の回顧展です。

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」や「瀬戸内国際芸術祭」にも参加しています。

集団や個人の記憶、そして宗教や死を主題として作品を制作。


展覧会全体と感想として、なぜか漫画家・浦沢直樹の名作「モンスター」を彷彿とさせました。


クリスチャン・ボルタンスキーと浦沢直樹??


お家に帰って、本展覧会の図録をささっと読んだら、納得しました。

ユダヤ系フランス人の父親をもつボルタンスキーは、子どもの頃、ナチスによるホロコースト(ユダヤ大虐殺)を経験していました。

ある意味、ボルタンスキーは幼少期のホロコーストがトラウマになっていたそうです。


浦沢直樹「モンスター」は、ナチス、ドイツ、殺人、闇、子ども、、などを絡ませた圧倒的なエンターテイメント作品です。

会場を巡っていたら漫画「モンスター」を思い浮かんだのです。

きっと私だけかなぁ(笑)


「空間のアーティスト」と自らを形容するボルタンスキー。空間の使い方がちょっと面白かったです。

ダーティでポップ☆美しい展覧会でした。


うーん、美術館の感想って難しいですね(笑)



「クリスチャン・ボルタンスキー ―Lifetime」

会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京・六本木) 

会期:2019年6月12日(水)~9月2日(月) 

http://clk.nxlk.jp/XnUX3JP8 


namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化を愛しています。さいたま市在住。ゆるっと気ままに発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000