「第33回東京国際映画祭」に女優の瀧内公美さんが登場【ミーハー】

第33回東京国際映画祭が新型コロナウイルスによる制約の下で開催されました。


今年も楽しみにしていた東京国際映画祭レッドカーペットの取材。

だいぶ小規模になりましたが、レッドカーペットを模した「レッドカーペットアライバル」が行われました。


なんとなく見た顔、好きな雰囲気だなぁ、、と思っていたら、女優の瀧内公美(きうちくみ)さんも登場。

「アンダードッグ」という映画に主演しています。監督は安藤サクラさんが主演の映画「100円の恋」の方です。

この映画好きなんだよね。安藤サクラさんの演技がすごくて。


瀧内公美さんは映画「火口のふたり」を観て、気になっていました。

幸薄いとゆうか 笑 うっすらと影のかかった色っぽい女優さんですよね♡


仕事と関係なく、たくさん撮ってしまいました。ミーハーです!


コロナの影響で、文化芸術系のイベントは潰されまくっていますが、東京国際映画祭は実施されました。

ステイホーム中にお世話になりまくった「映画」。アマゾンプライムとかで、たくさんの映画を見たなぁ。


日々の潤いと勇気を与えてくれる文化芸術、とりわけ、映画の持つ力の大切さ。。映画よ、ありがとう♡

そういえば、コロナ後、映画館で映画を見ていないよ、、


「映画館へ行こう!」




namineco nami

なみねこ なみ。アート、着物、黒猫が好き。芸術文化が好き。ゆるっと気ままに発信。自分の記憶・記録のためにも留めています。

0コメント

  • 1000 / 1000