「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ」@国立西洋美術館開館


国立西洋美術館開館60周年記念

「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代」

行ってきました。


20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエが設計した国立西洋美術館本館は、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。


彼の作品である、国立西洋美術館の空間の中で体感できるまたとない機会・・・

国立西洋美術館も頑張っちゃう展覧会ですね☆


「アートが好き!」と言いつつ、国立西洋美術館のデザインはル・コルビュジエだったとは知りませんでした 恥☆


絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返ります。


ル・コルビュジエは建築家として有名なのは知っていましたが、絵画まで長けていたとは驚きでした。


建築系の展覧会は、構想も理解しないといけないので、ちょっと頭を使います。


ミュージアムショップでは、めずらしくオリジナルのトートバックを購入しました。

おしゃれなの。サブバックにいいかも。


「ル・コルビュジエ」って言いにくいですね・・口がまわらない。


ふぅ、アートlove☆



ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代 

2019年2月19日(火) ~ 5月19日(日)

会場:国立西洋美術館 本館


namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化を愛しています。さいたま市在住。ゆるっと気ままに発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000