夢うつつな美しさ「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」@国立新美術館


美しかったぁ・・・!!!!

「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」@国立新美術館

開幕前の内覧会へ行ってきました。


クリムトは私的に5本指に入るくらい好きなアーティストです☆

クリムトが描く、甘美で退廃的、エロティックな女性が好き。


ウィーンの世紀末文化を「近代化(モダニズム)への過程」という視点から紐解く新しい試みの展覧会。

目玉はやはり、ウィーン・モダンを代表する二人の独創的な画家 グスタフ・クリムトとエゴン・シーレ。


国立新美術館の本展会場内で写真撮影OK! 


目玉作品でもあるグスタフ・クリムトの代表作《エミーリエ・フレーゲの肖像》は撮影可能です。すごいなぁ。

いっぱい撮っちゃいました☆


上野・東京都美術館「クリムト展」も素晴らしかったです。

バタバタだったので、時間をつくってまた見にゆこう。



ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道

国立新美術館

2019年4月24日(水)~8月5日(月)


namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化を愛しています。さいたま市在住。ゆるっと気ままに発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000