美貌な研究者 松田法子先生(ハート)が「さいたま国際芸術祭2020」に


モヒカンにオールバックが最高に似合ってる

松田法子先生 (ハート)

(ハートの記号が打てない、、)


懐かしい!以前、取材させていただいた美しい松田法子先生☆


我がさいたま市で行われる芸術祭「さいたま国際芸術祭2020」。


一環として、2019年9月14日(土)、『新しい“さいたまらしさ”の見立てー地誌・公共空間から考える』と題した、「CIRCULATION SAITAMA(サーキュレーションさいたま)」の公開レクチャーが行われました。

 講師は、前回の「さいたまトリエンナーレ2016」の『さいたまスタディーズ』でも講演された、建築史・都市史が専門で、京都府立大学大学院生命科学研究科准教授の松田法子先生(ハート)


(アーバンデザインセンター大宮副センター長で、埼玉大学人文社会科学研究科・准教授の内田奈芳美先生とふたりのレクチャーでした)


またこうしてお会いできて嬉しかったです。。

私は、インテリジェンスで品のある美しい女性が大好き。


見とれるくらいの美しさです。松田法子先生(ハート)


松田先生は、テレビ主演もされ、女性ファッション誌にも掲載されました。


また、さいたまにいらして下さいね☆


勿論!芸術好きなわたしですから

「さいたま国際芸術祭2020」がとっても楽しみなんですよっ!

取材にばんばんいっちゃいますからね~☆



レポート記事はこちらへ ↓


サーキュレーションさいたま

https://circulation-saitama.com/

 さいたま国際芸術祭2020

https://art-sightama.jp/ 


namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化を愛しています。さいたま市在住。ゆるっと気ままに発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000