さいたま国際芸術祭2020「リモートアートさいたま」を開始


「さいたま国際芸術祭2020」リモートアートさいたまを開始


芸術祭開幕日の「当面の間延期」がアナウンスされ、現在、凍結状態になっています。

本来であれば、今頃は開幕中でした。


ネット上において、苦しい状況の中で「芸術祭はどうゆう役割を果たしていけるか」と考えながら、、合わせて、現場である「さいたま」を話す機会にしていこうという試み。


youtubeから、関係者のみの参加となっていますが、個人webでは記事をアップすることは可能ということで、ちょっとだけご紹介しますね☆



この日のテーマは

「パンデミックの中、芸術祭はどうゆう役割を果たしていけるか」


●芸術祭ディレクター遠山昇司氏 

●ビジュアルディレクター田中偉一郎氏


ゲストに

●市民プロジェクト・コーディネーター 浅見俊哉氏


3名によるweb会議!

それぞれ役割やキャラが異なり、面白かったです☆


ビジュアルディレクター田中偉一郎さんは、今まで「さいたま国際芸術祭2020」の前に出てくる事が少なかったので、新鮮だったし、鋭い意見でした。


開催未定となってしまった「さいたま国際芸術祭2020」。


「芸術祭が再び動き出す時は『緊急事態宣言下』に育まれた想像力も重なり合い、豊かに響く場になることを想像しながら、二度とない今を大切に過ごしていきたいと思います。」ー浅見俊哉さんのホームぺージから


me too だよ!





namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化を愛しています。さいたま市在住。ゆるっと気ままに発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000