日本最古の総合カメラ誌「アサヒカメラ」が休刊。でも、写真は終わらない


ショック! 

写真をテーマにした、94年という(!)日本最古のカメラ雑誌が休刊、、、 

写真学生のころはよくチェックしてた。

老舗の紙媒体が休刊になってしまう事が珍しくない最近だけど。

アサカメが終了とは衝撃的でした。


休刊の理由は コロナ禍による広告費の激減により、これ以上維持していくことが困難とのこと。

スマホで写真を撮る時代に、カメラなどの広告収入が激減したためだって。 


たしかに。

今はSNS向けの、もっとライトでお手軽な写真系雑誌、webメディアもあるしね。


朝日新聞掲載の、休刊に向けての写真家・篠山紀信のコメントに共感。 


「「写真は時代の写し鏡だ」と言ってきたけれど、休刊も一言でいえば、時代ですね。」


寂しい。

でも、当たりだけど写真は終わらない。写真は、新しい時代に合わせ形を変えて、新しい表現が生まれるよ。きっと。



 上の写真は東京都写真美術館「写真とファッション」からの作品です☆

 



namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化が好き。ゆるっと気ままに発信。自分の記憶・記録のためにも留めています。

0コメント

  • 1000 / 1000