マロンパフェと「ゴッホ展」秋の上野の森美術館にて


「ゴッホ展」上野の森美術館 

内覧会へいってきました


言うまでもなく

世界中から愛されている画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。


彼が画家として独自の画風を確立するまでには「ハーグ派」と「印象派」の画家たちとの出会いがありました。

今回、7年ぶりの来日となる《糸杉》をはじめ、《麦畑》《オリーヴを摘む人々》など、晩年のゴッホが挑み続けたモティーフの作品が一堂に会します。


「これぞゴッホ!」――

画家のエッセンスが詰まった構成の展覧会。



学生の頃は、有名画家って興味がもてなかったけど。(教科書ちっくで?)

年齢を重ねてゆくと、「本物」の良さがわかります。

やはり「名作」は「名作」だなぁと感じます。

年をとるって素敵なことだ。。?


「最も美しい作品のひとつ」と称される名作《薔薇》がいちばん好きです。

ミュージアムグッズで名作《薔薇》のノートを買ってしまいました☆


上野公園近くの売店風なカフェで期間限定「マロンパフェ」をいただきながら。

公園内のスタバは行列でした。


10月。秋だなぁ。もっとゆっくりしたい、、

来週は美術館ラッシュ!で嬉しい☆



ゴッホ展

2019年10月11日 (金)~2020年1月13日 (月・祝)

会場:上野の森美術館


詳細はこちらへ ↓

http://staff.acore-omiya.com/gogh10/


namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化を愛しています。さいたま市在住。ゆるっと気ままに発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000