「写真とファッション 90年代以降の関係性を探る」東京都写真美術館 #美術館レポ


東京都写真美術館「森山大道の東京 ongoing」の後に「写真とファッション 90年代以降の関係性を探る」を鑑賞しました。


内容はタイトルの通りそのまま。

「写真とファッション」をテーマに、1990年代以降の写真とファッションの関係性を探る展覧会。


出品作家は、アンダース・エドストローム、髙橋恭司、エレン・フライス×前田征紀、PUGMENT、ホンマタカシ。


髙橋恭司やホンマタカシの作品が懐かしい。。

90年代って好き。自分が切磋琢磨してた時だったからかもしれないけど。


髙橋恭司

ファッションがもう90年代☆髙橋恭司の写真集もってたなぁ

ファッション誌「キューティ」から。キューティ懐かしい、、90年代のキューティは元気があって面白かった



ファッションスナップなのに「ポートレイト写真」してるな、、と思ったら、ホンマタカシ先生の作品でした


「森山大道の東京」は写真好きなおじさまが多くて

「写真とファッション」はファッション系のワカモノが多かったです。

時間があれば両方鑑賞する事をおすすめします☆


緊急事態宣言解除後、ひさしぶりの展覧会。

アートからエネルギーをもらいました。もっと感じたいな。


楽しかった自粛生活もそろそろ終わり、これから忙しくなります!


会場の最後は近代的☆



東京都写真美術館

「写真とファッション 90年代以降の関係性を探る 」

【会期延長】2020.7.19(日)まで


「森山大道の東京 ongoing」



namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化が好き。ゆるっと気ままに発信。自分の記憶・記録のためにも留めています。

0コメント

  • 1000 / 1000