「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」東京都現代美術館 #美術館レポ


「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」東京都現代美術館

#美術館レポ


ひさしぶりに東京都現代美術館へ行ってきました。

「おさなごころを、きみに。」報道内覧会の後に、「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」を鑑賞。

アイスランド系デンマーク人アーティスト、オラファー・エリアソンの、日本で10年ぶりの大規模な個展です。



オラファー・エリアソン(1967年生まれ)はアートを介したサステナブルな世界の実現に向けた試みで、国際的に高い評価を得てきました。


サステナブル、、って言葉、最近よく聞きますね。

エコ的な。。?

なんとなーくわかってたけど「継続可能な」という意味だそうです。

スーパーのレジ袋を有料化しプラスチックごみを削減!という取り組みのようなこと。


オラファー・エリアソンって、トレンドなアート活動をしているんですね。

あ、トレンドがオラファー・エリアソンに追いついてきたのかな。


みんな写真を撮っていました。ミラーボールみたいでキレイ♡

来場者はお洒落っコなワカモノが多かったです。


みんな夢中でスマホから写真を撮っていました。

「おさなごころを、きみに。」もですが、遊園地のようなアート展でした。


この日の前日は「ヨコハマトリエンナーレ2020」の報道内覧会で参加しました。

2日間、続けての現代アートの展覧会。

刺激になったなぁ。感性のストレッチだ。


いろんなことを感じるのですが

しかし、アートの表現の感想を言葉にするのは難しいですね、、


またレポします♡


9月27日(日)まで!

namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化が好き。ゆるっと気ままに発信。自分の記憶・記録のためにも留めています。

0コメント

  • 1000 / 1000