「おさなごころを、きみに」東京都現代美術館 #美術館レポ


「おさなごころを、きみに」東京都現代美術館 

#美術館レポ


前日は「ヨコハマトリエンナーレ2020」の報道内覧会でした。

2日間続いての現代アートの展覧会。

ひさしぶりの展覧会だったので、心に、頭に入るのに時間がかかかったけど、良い刺激を受けました。



かつてこどもだった私たち―大人が忘れてしまったクリエイティブな「おさなごころ」を思い起こし、メディアテクノロジーによる作品や映像を通して、こどもと大人が一緒に楽しめる展覧会。


アートとテクノロジーの競演ですね☆






こどもと大人が一緒に楽しめる展覧会、、ですが、なかなか大人っぽい内容、作品でした。


個人的にいちばん美しいと思えた作品は、

ジュスティーヌ・エマール《Co(AI)xistence》 with 森山未來 / オルタ

動画なので撮影禁止です。

ロボットと森山未來の動作が美しい。


アート&テクノロジーと言っても、表現と技術が合ってないと駄作ですものね。


こちらの展覧会もコロナの影響で、開幕延期となり、やっと開催できたそう。

今後どうなるかわかりませんが・・・こうゆう状況だからこそ、アートに触れて、考えて、癒されてほしいです。



 9月27日(日)まで!

namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化を愛しています。さいたま市在住。ゆるっと気ままに発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000