「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち」東京藝術大学大学美術館#美術館レポ


「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち」

東京藝術大学大学美術館

#美術館レポ


既存の美術や流行、教育、障害の有無などに左右されず、ただひたすら自由に独自の世界を創造し続けるアーティストたちの特別展。

いわゆる「障がい者」アートがメインの展覧会です。作品撮影OK。


NHKのドキュメンタリー番組「人知れず表現し続ける者たち」の映像も併せて紹介しているので、作品と同時に鑑賞しているとわかりやすくて良かったです。


展示作品は、、

日々の孤独や葛藤が作品から解説から現れていて、、私にはちょっと重く感じた作品がありました。


ちょっと目新しさを感じたのは、リモートでも展覧会を鑑賞できる自動車運転ロボットが登場したところ。


いつの日か、「障がい者」という肩書がとれた、障がいをもったアーティストが現れたらかっこいいね。



「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち」東京藝術大学大学美術館

2020年7月23日(木・祝)~9月6日(日)まで。

入場無料ですが、自前予約が必要です

namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化を愛しています。さいたま市在住。ゆるっと気ままに発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000