ヨコハマトリエンナーレ2020 「AFTERGLOWー光の破片をつかまえる」#美術館レポ


 ヨコハマトリエンナーレ2020 「AFTERGLOWー光の破片をつかまえる」

#美術館レポ


7月17日開幕日、報道内覧会へ行ってきました。(作品撮影は一般来場者も一部除きOKです)

我が、さいたま市の国際芸術祭はまさかの開幕中止でしたが。(この件は後ほど)


「こうゆう状況だからこそ、芸術文化の力が必要」と、

世界のトリエンナーレ、ビエンナーレが中止・延期されている中、ヨコハマトリエンナーレは世界のトップを切っての開催に挑戦。


かっこいいね、横浜市。さすがだよ。

コロナの影響を逆手にとって、いいアピールにもなるしね。

「文化芸術創造都市・横浜」と胸をはって言えるね。


テーマは「AFTERGLOWー光の破片をつかまえる」

目まぐるしく変化する世界の中で、大切な光を自ら発見してつかみ取る力と、他者を排除することなく、共生のための道を探るすべについて、みなさんと一緒に考える。



本展を企画するのは、ヨコハマトリエンナーレ初の外国人ディレクター

インドの3人組アーティスト集団 「ラクス・メディア・コレクティヴ(Raqs Media Collective)」。


知性的で斬新ちっくなディレクター。かっこいい展覧会だったけど、ちょっと内容が難しくないかしら?

観光都市でもある横浜だから許されるのかな。

ひさしぶりのアートに、私のアタマと感性が動きにくいせいもあったと思うけど。


時間がぜんぜん足りない、、横浜美術館しか見れなかったし。また1日がかりで、ヨコハマトリエンナーレを堪能したいと思います。



ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」

2020年7月17日(金)~10月11日(日) ※開場日数78日

会場:横浜美術館、プロット48

namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化が好き。ゆるっと気ままに発信。自分の記憶・記録のためにも留めています。

0コメント

  • 1000 / 1000