盆栽家・加藤文子さん「奏デル盆栽」の世界@カフェ&ギャラリー温々(ぬくぬく)


4連休最後の日、さいたま市出身の盆栽家・加藤文子さんの個展へ行ってきました。

会場は古民家カフェのカフェ&ギャラリー温々(ぬくぬく)。


加藤文子さんは、大宮盆栽村にある盆栽園の名門「蔓青園(まんせいえん)」で育ち、85年“奏デル盆栽”として独立します。

ご主人の陶芸家・小沼寛の陶器とのジョイント展も開催され、96年からは那須に移り、植物との平和な生活を送られています。


記事はこちらへ ↓


昨年、那須にある加藤文子さんのアトリエにお邪魔しました。お洒落~。。。というか、アーティスティックな空間(盆栽園?)なんです♡

まさに“奏デル盆栽”


1年ぶりに加藤さん夫妻にお会いできて嬉しかったです。


雨の毎日が続きますが「盆栽がかわいそう」と。

加藤さんは盆栽と心が通じ合ってるんだなぁ。。



写真にはちょっとウルサイわたしですが、

加藤文子さんの盆栽とコラボした、写真家・岩瀬陽一さんのポストカード。

昔の映画のような、モノクロの美しい写真でした。

写真集も販売しています。


田んぼの中にあるカフェ&ギャラリーぬくぬくですが、雨の日なのに、満席。さすがです。

写真上はケーキセット♡器も素敵ですよね。


個展は8月2日(日)まで☆



namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化を愛しています。さいたま市在住。ゆるっと気ままに発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000