コピーの力〝しびれるぜ、桃山。〟「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶」サントリー美術館 


「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶」サントリー美術館へ行ってきました。


まず、このビジュアル(ポスター、チラシ)が好きです。かっこいい。

「しびれるぜ、桃山。」


コピーのまま

しびれたくて行ってきました。

コピーのチカラです(笑)

とくに焼き物がスキってわけじゃないけど、このコピーにしびれて。

しかもモノクロ!


桃山時代には、茶の湯のためのやきもの「茶陶」が日本各地の窯で創造されたーーー

個性的で生き生きとした美濃焼の造形の魅力を楽しめる展覧会。


途中、音声ガイドを借りれば良かった、、と後悔。

やはり解説、説明が大切。

作品と言葉(解説)を同時に集中して見れない、、

やはり焼き物の世界は深い。


これから鑑賞される方、音声ガイドを強くおすすめします!


久しくサントリー美術館に行ってないなぁと思ってたら

まだ行ったことありませんでした(笑)


近くの国立新美術館、森美術館、森アーツセンターギャラリー。。等はよく行くんだけど。

仕事の記事では、美術館情報として原稿をアップした事はあるんだけどな。


六本木、東京ミッドタウンの中だし、駅チカだし

ショッピングや食事のあとにでもフラッと立ち寄れるよね。


和の世界へどうぞ!

11月10日(日) まで☆


サントリー芸術財団50周年 

黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶 

2019年9月4日(水)~11月10日(日) 

namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化を愛しています。さいたま市在住。ゆるっと気ままに発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000