「ジャム・セッション 石橋財団コレクション × 鴻池朋子 ちゅうがえり」アーティゾン美術館 #美術館レポ


ジャム・セッション 石橋財団コレクション × 鴻池朋子  ちゅうがえり

アーティゾン美術館

#美術館レポ


2020年1月に開館したばかりのアーティゾン美術館(旧ブリヂストン美術館)へ初めて行ってきました♡

館内の建物も素敵です。

今回はプレス内覧会ではなく、お友達と一緒に。

コロナウイルス感染防止対策が厳重で、2~3回、体温の検診などがありました。


さて☆

どこかで見た事あるような、、と思っていたのですが、

私ときたら「アートが好き♡」と言いつつ、

鴻池朋子さんの名前と作品は、現在開催中の「古典×現代2020―時空を超える日本のアート」 @国立新美術館で初めて知りました。


鴻池さんは、今、注目されているアーティストの一人です。



展覧会名の「ジャム・セッション」とは石橋財団コレクションと現代美術家の共演。

シリーズ第一回に鴻池朋子さんを迎えました。

鴻池さんは、人間を変容を繰り返す一つの生物と捉え、近代がつくりだした美術館や博物館という「型」や「分類」を丁寧に再考し、現在の私たちに沿ったものへと組み直しを試みています。 



撮影OKだったので、ばんばん撮りました。


鴻池さんは、玩具、雑貨などのデザインにも携わっていたそうで、作品がキャラクターっぽくて奇妙で可愛いです。


個人的に驚いたのは(いつも個人的な感想ですが、、)

昨年訪れた「瀬戸内国際芸術祭2019」の中で、いちばん感動した作品があったのですが、

なんと、この鴻池朋子さんの作品だったのです。


作品の名前も作家名も忘れていたのですが

瀬戸内国際芸術祭の会場の一つ、国立ハンセン病療養所「大島青松園」のある大島にある作品「リングワンデルング」。

鴻池さんだったんですね!


「ちゅうがえり」展覧会のポスターに使われている“トンビ”の作品は、瀬戸内国際芸術祭の「大島青松園」に展示されていたものです。(トンビは見かけなかったけど、どこにあったのかな??)

リンクしてしまってビックリしたぁ。。


とてもデリケートな展示場所、国立ハンセン病療養所「大島青松園」のある大島については、またブログしたいと思います。



アーティゾン美術館のコンセプトどうり、「創造の体感」を体現できる展覧会でした。


同時開催の、第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」と、石橋財団コレクション選も鑑賞できます。

3つの展示が見れちゃってお得ですね。

チケットはオンライン購入で1100円。2時間制です。時間が足りない!


初、アーティゾン美術館♡

気に入りました。駅チカだし、またゆっくり見に行きたいなぁ。


「瀬戶内国際芸術祭2019」の記事も早くアップしなくては☆



ジャム・セッション 石橋財団コレクション × 鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり

会 期 2020年6月23日(火) - 10月25日(日) ※会期変更

鴻池さんの作品だったとは、、びっくりだ☆ ↓

瀬戶内国際芸術祭 2019 展示「リングワンデルング」

namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化が好き。ゆるっと気ままに発信。自分の記憶・記録のためにも留めています。

0コメント

  • 1000 / 1000