第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」アーティゾン美術館 #美術館レポ


第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 

「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」

アーティゾン美術館

#美術館レポ


いつか芸術祭の本場「ヴェネチア・ビエンナーレ」に行ってみたい!


感想、以上です。


ではではなくて、、

イタリア、ヴェネチアの各所を会場とし、2年に一度開催される現代美術の国際展「ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展」。


母が昨年行ってきました。羨ましい。


ヴェネチア・ビエンナーレの日本館は、「アーティゾン美術館」の石橋財団の創設者である石橋正二郎が建設寄贈、1956年に開館されたそうです。


そんな繋がりがあったんですね。


「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」は、キュレーターの服部浩之を中心に、美術家、作曲家、人類学者、建築家という4つの異なる専門分野のアーティストが協働し、人間同士や人間と非人間の「共存」「共生」をテーマに構成。


協働するアーティストの一人、下道基行(したみち もとゆき)さんは「さいたまトリエンナーレ2016」に参加されていました。



同時開催中「ジャム・セッション 石橋財団コレクション × 鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」と一緒にどうぞ♡



第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs|宇宙の卵 

会期 2020年6月23日(火) - 10月25日(日)※会期変更

namineco nami

なみねこ なみ。アートがすき。着物がすき。黒猫がすき。芸術文化が好き。ゆるっと気ままに発信。自分の記憶・記録のためにも留めています。

0コメント

  • 1000 / 1000